Skip to content

シミに効く飲み薬でシミ対策は出来る!

shutterstock_417498862

シミができるといろいろな方法で改善したいと思う方も多いのではないでしょうか。
大抵の場合は、シミに効くと言われている美白化粧品を使ったり、皮膚科を受診して治療を受けることを考えますが、その他の方法では飲み薬があります。

シミに効くと評判の飲み薬なども市販されていたり、医薬品として販売されているものがありますが、それらは本当に効果があるのでしょうか。

■体の内側と外側の両方からシミにアプローチ

シミは肌の表面に出来ますから、美白化粧品で体の外側からアプローチすれば良いと思うのは自然なことです。
しかし、体の中のビタミンやミネラルなどを含めた美容成分のバランスにも大きく影響していますので、体の中からアプローチすることも大切です。

美白化粧品であまり効果を実感できない場合は、シミに効くと言われている医薬品扱いの飲み薬にも注目すると良いです。

■シミの種類に合う飲み薬を選ぶ

シミ対策のための飲み薬は、実はいろいろな成分がぎゅっと詰まっているのではなくて、それぞれの成分が持つ働きが明確になっているものがほとんどです。
ここがサプリメントとの大きな違いです。

せっかくシミ対策のために飲み薬を飲むのですから、有効成分がどんなシミに効果があるのか、それはきちんと知っておかなければなりません。
また、配合量についても同じです。

例えばシミと言っても一般的なシミと、肝斑はそのメカニズムが違います。
一般的なシミならアスコルビン酸やL-システインなどが主成分のものが適していますが、肝斑の場合は、トラネキサム酸が有効です。

このようにシミの種類に合う飲み薬を選ぶことはとても重要で、配合量と共にチェックした方が良いと言えます。

■市販の医薬品でシミ対策、その安全性は?

そもそも医薬品と言うのは、有効成分の効果が国から認められていてさまざまな病気予防や症状の改善に使うことができると言うもののことを言います。
つまり、効果の幅はあっても、サプリメントレベルではないことが医薬品のメリットです。

医薬品には第1類医薬品、指定第2類医薬品、と言ったように種類があります。
これは薬事法と言う法律で決められている区分で、リスクによって分けられています。
そのリスクの高さは数字の表す通りで、第1類医薬品が1番リスクが高いものとして考えます。
つまり、第3類医薬品は、リスクが低いと言うことになります。

このことから、市販の医薬品では第3類医薬品ならリスクが低くて安全性が高いと言う結論に達します。
大抵のシミ対策の飲み薬は第3類医薬品になることが多いので、安心して飲むことができます。

■飲み薬は効果的な飲み方はあるのでしょうか

サプリメントのように、基本的にいつ飲んでも良いと言うわけではなくて、飲み薬は飲み方があります。
その飲み薬によって用法容量は違いがありますから、1日の飲む回数や量、タイミングなどはしっかりと取り扱い説明書を読んで、守ることが重要です。

■薬頼みにならず、普段のスキンケアもしっかりすること

飲み薬はサプリメントよりも効果を実感することが多いので、つい頼ってしまいがちです。
しかし、あくまでも医薬品だと言うことを忘れずに、普段のスキンケアもしっかりと行うことが必要です。

紫外線対策やバランスの良い食事などはもちろんのこと、保湿や美白化粧品でケアするなどは怠らずにしっかりとしておきましょう。

■シミ対策として生活習慣の見直しもしよう

シミに効く飲み薬を飲んでいて、美白化粧品モイストリフトプリュスセラム
でケアしてるからと言って、安心してはいけません。
シミは紫外線はもちろんですが、日々のストレスや喫煙などの習慣からもできるケースがあります。

体の内側と外側からシミ対策をしていることはとても良いことですが、体の血行が良くない状態のままでは、せっかくの薬の効果も全身に行き渡らないままになってしまいます。

適度な運動をしてストレスを発散したり、できれば禁煙をするなどして、血行促進を心がけるのもシミ対策の大切な要素です。
同時に新陳代謝もアップできれば、美肌に磨きがかかりますから、積極的に行うと良いです。

■シミに効く飲み薬を利用して体の内側と外側からシミ対策をしよう

シミ対策と言えばどうしても化粧品や治療に頼りがちですが、意外と効果があるのが、飲み薬です。
医薬品として販売されているものなら、ある程度の確実な効果が期待できます。

リスクの面でも考える必要はありますが、特に常用している薬がなければ問題なく飲めますし、常用している薬がある場合でも担当医の許可を取れば安心して飲めます。

美白化粧品でケアしながらも、より一層の美白効果を得るためには、体の内側からもサポートしてあげることが効果的ですから、配合されている成分や配合量、価格帯などもチェックして、自分のシミの状態にあったものを選ぶと良いです。

もしも迷ったら、ドラッグストアの担当者に相談するのも良い方法ですし、インターネットで調べるのもアリです。